ワンポイントアドバイス
企業における経営の問題点は現場にあり、 その問題点の解決方法も現場にある。 (中田賢治の経験則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ レポート ■ 開発情報 ■ 著書 ■ 相談室

報道関係
タイ資本に買収された老舗オギハラ 日本の金型産業は本当に危うい
ブラジル高速鉄道 日本、新幹線に総力 韓国・欧州勢との受注合戦白熱
2008年移民100年記念インタビュー
南米最大の自動車市場ブラジル、世界に先駆け販売回復
マレーシアでのHappy Birthday
中田所長・水彩画再開
ブラジル人男性、危機一髪で孫をヘビから救出
中田所長「移民百年祭記念」インタビューに!!
「鯉の滝登り」と「信州・上高地風景」
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
八幡太郎義家と納豆伝説
経済紙「日本工業新聞」(フジサンケイグループ)の「夢・創造・技術士」コーナーに中田所長登場・
(社)日本技術士会の機関紙・月刊誌「PE・技術士」の新コーナー「PE INTERVIEW」に中田所長登場
中田所長の新しい(?!)挑戦・色紙に描く
微酸性電解水製造装置(PURESTER)を知っていますか?
リオのカーニバルとTQM(中田所長カーニバルのコスト・品質・納期を徹底調査)クリントン大統領も訪問の最強マンゲーラ・サンバ学校
遺伝子技術でクモの糸 超強力繊維、産業利用へ
中田さんの研修会「改善道場」日本でも広がる(ブラジル2大日系新聞、サンパウロ新聞は日系・世界最大の発行部数)
社団法人日本技術士会のNEWS
全員参加生産保全・TPMの効果(1998年10月 朝日新聞)
中田所長の健康管理 ブラジル・サーフィン学校、級友と中田所長&仲間
清掃を始めましょうか「アッシエ社の社内報」
日系紙記事(2001年5月5日)「コスト・ダウンセミナー案内」
「ブラジルで人材育成」経済誌・実業のブラジル誌上対談で中田所長大いに語る(表紙に登場)
「モノづくりを担う」 技術士列伝21(インタビュア・技術士・林洋先生がブラジルに飛んで来た)
「コストダウン研修会」に、Dr.ROBERUTO(167再販本を持つ人気者・講演料目安、1時間、U$8000)が特別講演、研修生大喜び.
土木建設業におけるコストダウンの進め方・着眼点は設備原価償却費と人件費のリンク
ブラジルのコストダウン活動・工学協会(IE)
「江崎玲於奈博士来伯・中田技術士も講演」サンパウロ技術研究所(IPT)で國際技術協力派遣中の中田所長が第二セッション担当
目次へ
■  イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について

イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について

月日の経つのは早いもの、JICA国際協力で渡伯したのが、1993年12月20日、諸般の事情で残留し早くも、12年を経過した。従って、生産性向上、改善モデル工場だったイグアスコーヒー社への支援は、12年間継続された事になる。顧問契約は、10年を境に打ち切り、以後は必要が出た時、テーマを決め、見積もりして業務を行うやり方にした。
さて、周知のように、ブラジルは、日系人約140万人といわれ、サンパウロで暮らしていると日本にいるような錯覚に陥る。

生活の基本は「衣食住」、中でも一番大事な「食」生活は多分日本以上に日本的である。
米は、日本と全く同じものが、数種類あり、値段もピンキリ、味噌醤油(日系数社)、豆腐、納豆、かまぼこ各種、豆もやし、梅干まで製造販売されている。
毎週土日は、サンパウロの台所を扱う市場にいく。野菜、果物は何でもある。正確には、ドリヤン(果物の王様)のみ無い。知人に聞いたら、あるというので、精査した結果、ジャッカ(ジャックフルーツ)であった。アマゾンで生産テストしている情報もあるが2005年1月現在、登場していない。

日本では野菜の高騰が社会問題になっているが、ここは別世界。農家が気の毒なくらい安価である。キャベツ(大1、小2)、大根(大1、小2)、にんじん(数本)、白菜(中1)などで、1.00レアル程度である。(1レアル=38.4円・2005年1月10日現在)
35年前、ブラジルは果物王国だったにもかかわらず、りんごは、輸入国であった。JICA協力開始同時に、長野県の後沢博士(Dr.USHIROZAWA)が来伯、産地選定から着手、南伯サンタカタリーナ州・サンジョアキン周辺でりんご造りをはじめたのである。最近の吉田専門家(フジりんご命名者、数年前サンパウロにて入病、死亡)に至る支援苦労の結果、今日ではサンパウロ野菜市場に日本原産フジが販売されている。94年、後沢博士のカウンターパート(C/P)、つまり、農業試験場の研究員、農家の人々を中心に感謝の気持ちの表れとして胸像が作られ、除幕式には日本から博士未亡人も出席し、先生の遺徳を偲んだのである。

という訳で、市場では、2レアルで小粒ながらフジりんごが10-12個買えるため、りんご大好きの中田所長大満足というところ。
柿はブラジルでも「カキ」と呼び、高級果物ではあるが、1個が3~5レアル程度、西瓜は1個2レアル、かぼちゃ「ぼうぶら」(ポルトガル語)、中国南部原産レイシ(茘枝・ライチー)も産出し、市場に出回る。サンパウロ郊外でたわわに実をつけた茘枝の木を見つけたので、急いでスケッチしておいた。 御覧あれ。([Photo・関連画像]を参照)

魚介類も豊富で、魚は何でもある。サンパウロの特長は寿司屋さんの多いこと。新鮮な魚が市場に出る証拠であり、鮭はアンデスの向こう側から入るらしい。鯛はパルゴスと呼ばれ、普通の食材、キロ 10レアル(小型20センチ・2枚)なので、時折、豆腐を入れて、醤油味の吸い物を作り日本を偲ぶ。かれい・ひらめも豊富にあり、安い。ブラジルでは、生の鱈(たら)は、殆ど手に入らない。暖かい国だから無理もない。時折、サンパウロ魚市場に出るらしいが、アルゼンチン南部からの輸入品に違いない。スーパーマーケットに行くと、塩鱈が手に入る。これは、北欧からの輸入品であるが、「バカリョウ」と呼ばれ、高級食材の筆頭。キロ・50-80レアルの値段がつく。

刺身・寿司用マグロがキロ18-20レアルで手に入るから、如何に高いかわかる。よって、高級レストラン、メニュウで、庶民の口には中々入らないが、年末・年始に大幅なデスカウントがあるので食してみた。塩抜きした切り身の上に、ジャガイモ、にんじん、ピーマンなどを並べ、オーブンで焼くだけなのに、鱈に残った塩味が、野菜に程よく浸透し、単純ながら美味である。

例によって、主題から大きく脱線したので、桜にもどる。イグアスコーヒー社がグローボ誌が選ぶブラジル優良企業200社の堂々25位に選ばれた。バンコ・ド・ブラジル27位、ペトロブラス石油会社が28位であるから、大変な健闘である。

丁度10年の支援期間も終わったので、記念に桜の木を植樹する事にした。日系人の先輩諸氏が、ブラジルに移住して、日本の花「桜」を植えてみたい、お花見をしたいと思っても不思議ではない。最近は、サンパウロ市内、イビラプエラ公園、サンパウロ大学、郊外のカンポス・ド・ジョルドンなどシーズンになるとお花見でにぎわう。

早速、桜博士と異名をとる、沖真一さん(東京農大会役員、サンパウロ博研副会長)に相談し、20本の桜を選び、北パラナのコルネリオプロコピオ市にあるイグアスコーヒー社の庭に記念植樹を行った。2年半ぶりに訪問したら、立派に根を張り、見違えるように大きく成長していた。(以下・・続く)

-------------------------------------------------------------------------------

桜の苗木順調に生育-イビラプエラ公園 行き届く管理(ニッケイ新聞)
2000年12月12日(水)
 サンパウロ市イビラプエラ公園に植えられた桜の苗木が順調に生育している。サンパウロ市・大阪市姉妹都市三十周年記念事業の一環として、二〇〇〇年九月十四日、公園内日本館と日本移民先没者慰霊碑に隣接する湖畔に百本植えられた桜である。
 植樹当日は、高木ラウル姉妹都市委員会委員長のあいさつに続いて、池田敏雄サンパウロ首席領事、岩崎秀雄文協会長、和井武一援協会長、川路賢一郎JICAサンパウロ事務所長(当時)、アルビイ・レッキ南東軍司令官(当時)、日本から来聖中の中野良子オイスカ・インターナショナル総裁らが植樹を行った。
 その後、オイスカ・ブラジル総局が管理委託を受けて、桜の専門家として知られる沖真一さん(東京農大会役員、サンパウロ博研副会長)に桜の定期〃検診〃を依頼してきた。
 当初は、不心得な来園者に枝を折られたり、根こそぎ抜かれたりなどの被害があったが、その都度、沖さんが枝の調整や補植などで対処してきた。その甲斐があり、二〇〇一年十二月十日現在、百本の苗木が健全に生育して、日本館と慰霊碑の前に広がる〃桜並木〃が目立つようになってきた。早いものは二メートル近くまで伸びている。
 「ぜひ、公園に出掛けて、桜に暖かい声をかけて下さい」とオイスカ・ブラジル総局は市民に呼びかけている。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ レポート ■ 開発情報 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.