ワンポイントアドバイス
理論と実践のバランスが大切・中田語録
■ HOME ■ 技術研究会 ■ レポート ■ 開発情報 ■ 著書 ■ 相談室

報道関係
タイ資本に買収された老舗オギハラ 日本の金型産業は本当に危うい
ブラジル高速鉄道 日本、新幹線に総力 韓国・欧州勢との受注合戦白熱
2008年移民100年記念インタビュー
南米最大の自動車市場ブラジル、世界に先駆け販売回復
マレーシアでのHappy Birthday
中田所長・水彩画再開
ブラジル人男性、危機一髪で孫をヘビから救出
中田所長「移民百年祭記念」インタビューに!!
「鯉の滝登り」と「信州・上高地風景」
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
八幡太郎義家と納豆伝説
経済紙「日本工業新聞」(フジサンケイグループ)の「夢・創造・技術士」コーナーに中田所長登場・
(社)日本技術士会の機関紙・月刊誌「PE・技術士」の新コーナー「PE INTERVIEW」に中田所長登場
中田所長の新しい(?!)挑戦・色紙に描く
微酸性電解水製造装置(PURESTER)を知っていますか?
リオのカーニバルとTQM(中田所長カーニバルのコスト・品質・納期を徹底調査)クリントン大統領も訪問の最強マンゲーラ・サンバ学校
遺伝子技術でクモの糸 超強力繊維、産業利用へ
中田さんの研修会「改善道場」日本でも広がる(ブラジル2大日系新聞、サンパウロ新聞は日系・世界最大の発行部数)
社団法人日本技術士会のNEWS
全員参加生産保全・TPMの効果(1998年10月 朝日新聞)
中田所長の健康管理 ブラジル・サーフィン学校、級友と中田所長&仲間
清掃を始めましょうか「アッシエ社の社内報」
日系紙記事(2001年5月5日)「コスト・ダウンセミナー案内」
「ブラジルで人材育成」経済誌・実業のブラジル誌上対談で中田所長大いに語る(表紙に登場)
「モノづくりを担う」 技術士列伝21(インタビュア・技術士・林洋先生がブラジルに飛んで来た)
「コストダウン研修会」に、Dr.ROBERUTO(167再販本を持つ人気者・講演料目安、1時間、U$8000)が特別講演、研修生大喜び.
土木建設業におけるコストダウンの進め方・着眼点は設備原価償却費と人件費のリンク
ブラジルのコストダウン活動・工学協会(IE)
「江崎玲於奈博士来伯・中田技術士も講演」サンパウロ技術研究所(IPT)で國際技術協力派遣中の中田所長が第二セッション担当
目次へ
■  タイ資本に買収された老舗オギハラ 日本の金型産業は本当に危うい
恒例の東京モーターショーが2009.10.23-11.4の間幕張メッセを会場にひらかれている。世界大不況が 進行中でもあり、海外企業の参加数も過去最低の・・・と報道されている。鳩山新政権も不況で苦しむ中小企業支援策を打ち出してはいるが、景気の回復はまだまだ先になる見通し。こうした中で、衝撃的なニュースが飛び込んできた。以下,週間ダイヤモンドに掲載されている桜井よしこさんの記事をそのまま転載・紹介する。                                  

タイ資本に買収された老舗オギハラ 日本の金型産業は本当に危うい  日本の金型産業が危ういと、メディアで報じられ始めて久しい。それでも、日本の金型産業を担っていた人びとは、秘かな自信を失いはしなかった。

彼らの自信の根拠は、金型はたいそう複雑な産業で、簡単にまねが出来ないところから生まれていた。

たとえば一台のクルマのモーターを作るには、ざっと見て、1,000枚ほどの非常に薄い板を、一枚一枚絶縁しながら重ね合わせなければならない。一枚一枚の金属板の素材は超硬と呼ばれる最高の硬度を誇る。ローラーで引っ張って金属板を超薄に仕立てていくのだが、その際、横に働く圧力の強さを勘案しなければならない。

そこはもはや芸術といってもよい次元の仕事で、扱う素材がどの素材メーカーのどの工場で作られたかさえ考慮しながら、「金型設計の技能屋」が仕立てていくのだそうだ。
だからこそ、中国や東南アジアに金型産業が移転したといっても、日本では当然のこととして調達できていた品質の金型が調達できない、同レベルの金型なら日本よりも高い、納期も守らない、維持管理が難しいなどの問題が発生する。だから、日本の金型産業が競争力を失うことはないと、考えたのである。

そんな人々のなかに横田悦二郎氏がいた。

氏は優れた金型企業の一つである黒田精工で、金型技術の開発を手がけた専門家である。かつて自信を持っていた横田氏が、今、「私は大本営になろうとしているのだろうか」と、言って告白した。

「数年前はメディアで、危ういと言われても大丈夫だと思っていました。そのように発言して元気を出そうと旗を振ってきました。けれど今、本当に危うくなっているのです。日本の金型産業は大丈夫、競争力はあると言い続けてきましたが、真実でなくなっているのかもしれないと、不安です」

数年前まで、日本の金型企業が直面していた危機の一つが、顧客、つまり、金型の発注元が、コスト削減のために中国などに工場を造り、日本の金型企業が作った金型の図面を勝手に持ち出して、海外で製造するというものだった。

それでも十分に深刻過ぎる危機だが、今起きている危機は、日本の金型企業が中国などに技術を売るケースや、企業が丸々、外国資本に買い取られてしまうことだという。
金型企業の九割以上が従業員19人以下の中小零細企業だ。受注の激減によって、背に腹は代えられず、中国などに技術を売ってしまうケースが少なくない。

また、金型企業トップ4社のうちの一つであるオギハラの場合、従来から取引のある金融機関から必要とされる追加融資が受けられず、資金繰りに行き詰まった。日本のより大きな銀行からの借り入れの道も、種々の事情で切り開けなかった。そこで外国資本に頼ることになり、今春、サミットが八四%の株を持ち、オギハラはタイ資本の企業となった。

オギハラは乗用車のボディの金型を作れる数少ない大手企業の一つだ。日本のメーカーも、乗用車のボディの金型を、タイから輸入しなければならない日がくるかもしれない。

横田氏が強調した。

「企業が丸々、外国資本に買われてしまうのです。こんなケースはこれからも増加すると警戒しなければなりません。けれど、救う道はあります。政府が数十億円、数百億円の資金を一時、回してくれればよいだけです。わずかなおカネです。

金型産業は全産業の基本を支えています。金型産業を支えることは日本の産業を支えることです」

民主党は明らかに大きな政府をつくりつつある。ならば、こうした分野にこそ、どこよりも先に手厚い保護政策を講じてほしい。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ レポート ■ 開発情報 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.