ワンポイントアドバイス
偉い人が見学していればしている程、見学者の数が多ければ多いほど、 機械の信頼性は低下する。(ワトソンの法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  新商品開発の進め方指南
新商品開発の進め方指南

                      経営・技術コンサルタント 中田賢治

国際化時代の経営者に求められるものは、市場の変化を洞察し、自社の研究開発力を養い、その力を収益力向上につなげたり、市場で主導権確保を狙う技術マネジメントを進展させることなどである.

今回は売れる新商品開発の進め方指南と題して、報告するが、新商品といっても、ソフトウエア即ち機器類を用いて行う物事の、情報・理論など無形の部分、ハードウエア即ち情報・理論などに対し、有形のもの(機械設備・機器)があり、開発対象も複雑である。
 
 ここでは、私の専門とする機械、装置一般を中心に報告する.当然、富士登山で頂上に向かう時、登山口が、吉田口、河口湖口、富士宮口、須走口、御殿場口など数多くあるように、新商品開発の方式もいろいろ在るので独断偏見、自分の得意な方式で指南することにしたのである.大手企業、中小企業に関係なく新商品開発をする為には、それなりの研究開発投資が必要になる.事実、日本の大手企業も膨大な投資をしており、不況にも係わらず高水準を維持しているのである.

スイスの国際ビジネススクール、IMD〔ローザンヌ〕が発表した2004年世界競争力ランキングを見ると科学技術項目は米国についで第二位。2004年の研究開発費はトップの米国が1846億ドル、日本は1531億ドル、第三位はドイツであるが日本の三分の一程度である。
新商品開発に必要不可欠なの取得率、1位、官民研究投資額、2位、ハイテク輸出、2位と検討している。

研究開発費は多いに越したことはないが、投資であるからには見合った成果を上げることが重要である。こうした中で、ブラジル企業が世界に伍して経済活動を継続するためには、外国商品の輸入とブラジル商品の輸出のバランスを保つ必要があり、独自性のある商品を開発し続けなければならない。しかし、ブラジルは今、経済発展途上であり、研究開発投資総額も不十分、不足気味、部分重点的に投資しなければならない。

一般的に、新商品開発は金がかかる、といわれているが、金を、なるべく、かけない方法を推奨したい。それが次ぎの方式であり売れる商品作りの必要条件といえる。
(1) 開発する商品に独自性があること.
商品の必要な資質の中で最大の特徴である。具体的には特許、パテント、が取得可能か否かによって市場で主導権確保ができることになる。何処にでもあるような商品ではつまらないし、コスト競争に巻き込まれる。
(2) 国内(日本・ブラジル)、北米及びメルコスルなどにも売れ、毎月一定数量販売出来ること。
特注品、専用機などを受注生産して蔵は建たない、という言葉がある。一品物は研究開発であり、これで利益は出ない。開発の苦労、経験、ノウハウが次の商品の利益を生むのである。
(3)ローコスト開発に努めること
開発資金を最小限に抑える必要がある。金を沢山使ったから研究開発が上手く行くのではなく、頭脳の使い方に比例すると考えるべきである。
(4)短期間で市場に出せるか否か。
最近の商品は寿命が短く、コンピュータ、電器、自動車などを見れば明白である。従って、私は機械、装置類の開発期間目標を半年から一年以内に定めそれを実行しているが、市場価格で10万ドル程度のものを研究開発、試作するには十分な期間である。
(5)これまでの企業の経験が生きること
企業が今日まで、三年、十年、三十年と続いて来たということは、当然、その企業に何か特長があるからである。この経験を市場、売ることに関し、新商品販売に生かせるなら最高である。商品開発の難しさは、作ることではなく、売ることにあることを肝に銘すべし。
(6)多大な投資を必要としない
開発する商品によっては、現有設備では能力不足、敷地が狭い等の問題が発生するが、固定費を上げないという制約も金をかけない商品開発の腕の見せどころ。
(7)自社、顧客及び第三者も商品の経済性、信頼性、操作性、保全性及び安全性の面で満足すること。
商品の値段が適正、安い、故障しない、使いやすい、修理が簡単、安全で安心ということは売れる商品の条件としては最良である。
(8)販売する人々が喜んで売る
社内の営業担当、商社、代理店など商品を売る人が心から喜んで売るような物を開発する。特に、商社、代理店等顧客と直接コンタクトする人々の販売手数料の多いこと、売りっぱなしの手間要らずなども重要である。
(9)研究開発に対し協力する企業があること
商品を買う側、使う側の情報の中、先の(7)に関する情報、特に値段と使い勝っての良し悪しは要注意である。従って研究開発着手当初より接触を良くして協力を仰ぐべし。
(10)トップから社員の全員が新商品開発進め方を知っていること
普通に考えるとこの項目は不要と思われるに違いない.研究開発担当者の仕事であり、彼らに全てを任せれば済むからである.しかし、売れる商品を開発するとなれば、そう簡単ではない。開発要員の選定、採用は人事部、市場ニーズの情報収集は営業部、モノ作りに関する設備、加工方法担当は製造部、必要な材料、購入部品の情報は資材部にある.これら各担当が常に開発担当を支援できるシステムになっていないと不具合である。
一般的に、最近の商品寿命は極端に短い。新商品を爆発的に売った企業が2-3年後に業績悪化、企業倒産するなど今日では日常茶飯、新商品を出しつづけることは、このように難しい。

さて、以上の10項目のうち、5項目以上該当しない商品は開発を諦め、別のテーマを探すべきである。新商品研究開発を企画立案する際の最重要項目は、売れるかどうか、商品になるか否か、であると述べたが、現在、日本、ブラジル、東南アジアなどで実施されている開発の進め方を見ると、合理性に欠け、資金、時間及び人間の投入にムダが多いように見える。
開発と言っても家庭用、女性用品から精密機械装置まで一様には扱えないので、ここでも例として機械装置に絞り、その進め方の手順を示すが、この提案が最良とは考えないのでこの方式、手順を各社、自社向きにアレンジして、従来の方式を修正するならば、開発期間を大幅に短縮し、より効果的に目的を達成できる筈である。

●開発実施順序の列挙
(1)商品の企画立案
(2)市場調査、情報収集
(3)(2)による企画の修正
(4)構想、アイデアの検討(設計、技術担当)
(5)社長以下経営側、営業、技術担当による構想、アイデアの検討
(6)(5)による構想、アイデアの修正
(7)特許、実案等工業所有権の情報収集及び調査
(8)(7)による構想、アイデアの修正
(9)構想による設計計算の実施
(10)構想による計画図の作成
(11)トップ、営業、技術及び製造担当による計画図の検討
(12)(11)による計画図の修正
(13)部品図作成
(14)技術、製造担当による部品図の検討
(15)(14)による部品図の修正
(16)購入品仕様書の作成
(17)部品一覧表の作成
(18)部品図による組立図の作成
(19)部品図による部品の製造、加工
(20)購入品、外注品の発注
(21)組立及び調整
(22)試作一号機試運転開始
(23)試運転による各種データの収集
(24)(23)による社内検討の開催
(25)(24)による改造設計、図面修正
(26)修正図面による部品加工
(27)組立、調整及び試験
(28)工業所有権の出願手続き開始
(29)(22)から(27)の繰り返し

ステップ各項目を読んで行くと、少し煩雑に見えるが、これで最短なのである。特に注目されるのは修正の多さであるが、各担当者だけの情報では不足なので、これも良いことである。(7)は特許の情報収集、調査であるが、一般的には、ここで出願手続きするケースが多い。しかし、始めから経済、信頼、操作、保全及び安全性を満足する商品になる場合は珍しく、手直し、修正、設計変更になるのが普通であり、(7)での出願は早すぎ、ムダになるケースが多いので(28)で実施している。

人間は誰でも間違い・勘違い(ヒューマンエラー)を犯すものである。例えば、部品図で寸法とか公差記入ミスをすれば、部品検査時か組立時に発見され、修正手直しか、作り直しになる。各企業の設計には検図担当がおり、誤りを見つけることになっているが、殆んど、形式的に捺印するか、サインをするのが現状である。
そこで、(18)をキチンと実行すれば、このステップで先の寸法ミスを発見し、図面修正が出来るのである。

●ヒューマンエラー
ここで、人間の犯す、間違い・勘違い(ヒューマンエラー)について詳しくまとめておきたい。
①危険軽視、慣れ(ついうっかりといった動作やその集団特有の悪習慣から発生するエラー)
②近道、省略本能(動作・行動の簡素化によるエラー)
③無知、未熟練(生半可にしか知らなかったことなどによるエラー)
④単調反復動作による意識レベルの低下(単調な動作の繰り返しによる意識の低下に基づくエラー)
⑤錯覚(見間違い、聞き違いや思い込みなどの勘違いによるエラー)
⑥中高年令者の機能低下(40歳頃から自覚しないまま忍び寄る機能低下から生じるエラー)
⑦場面行動(一点に集中して周囲の状況が見えなくなることによる動作、行動のエラー)
⑧緊急時のあわて、パニック状態(驚愕反応における動作、行動によるエラー)
⑨疾病・疲労(平常時と異なる肉体的条件、生まれもっての体質、疲れなど)


読者の企業が機械、装置、電器、電機等を組立てているとして、それが一台の組立てであっても自動車、電気機器のように組み付けだけで完成しないならば先の手順の何処かに問題あり、と考えるべきである。組立て(組み付け)場を見れば、その企業の全てが見えるといわれる。その意味では、組立て場は企業内各担当のミスを尻拭いしていることになる。

商品の理想的作り方がトヨタ方式(JIT)であり、必要なものを、必要な数、必要なときに作る方式である。JITこそ、人に関係するムダ、材料に関係するムダ、設備に関係するムダを徹底的に排除して生まれた傑作といえよう。

●コピー商品の追放
次は、新商品開発においては必要不可欠な創造と模倣について述べる。
「創造と模倣」この二つの言葉は相対する。前者はcreation 、後者はimitation、あるいは copyという。設備を開発する、新製品を生み出す人は一般的には技術者、開発設計者或いは研究開発者であるが、工業学校、大学工学部を出て直ぐに役に立つ仕事をこなす技術者は殆んどいない。私は1959年、国立・秋田大学鉱山学部(工学部にあらず。古くは秋田鉱山専門学校といった。)卒業、鉱山には行かずに都市部にある機械製造会社(初任給13000円)に入社した。私は月給19000円の鉱山に行きたかったが、当時多発した鉱山爆発、落盤事故を心配した母の反対に同調した結果である。

入社ほど無く、トヨタ自動車がカローラの大量生産工場を立ち上げ、カムシャフト、クランクシャフトの切削ラインを新潟鉄工に注文して来た。それまで、日本は自動車産業(特に乗用車の)の幼年期、どんな機械でカム・クランクを切削するのか情報が無かった。結局、新潟は、総合商社・安宅産業を仲人に米国の工作機械メーカー、サンドストランド社と技術提携し、特許料7%を払って指導を受けたのである。この機械、6AD型多刃旋盤と呼ばれた名機であるが、数年後、契約切れと同時に、25MD型に改称、設計変更、国内殆んどのメーカに使用された。

工作機械は日本の揺籃期は各会社とも欧米の機械・文献を取り寄せて研究した。
旋盤はVDF(普通汎用旋盤)、スコダ(大型旋盤)、カズヌーブ(旋盤)、デブリーグ(横中ぐり盤)、イノセンチ(大型中ぐり盤)、シンシナチ(フライス盤)等など、現物のスケッチ、図面のコピー、特許の取り寄せ等など大忙しだった。
三菱造船がエリコン社と技術提携した旋盤の倣い切削装置(油圧方式)が面白いとなれば、それをバラバラにしてコピー、カズヌーブ旋盤の刃物台の割り出し精度が良いと聞けば飛んでいってコピー、入社後2年間は、欧米の機械を分解、コピー、作図の毎日であった。このような時代の後、日本は独自の開発時代に入り、今日では、工作機械・ロボットの生産量、質において、世界一の座を維持しているのである。

従って、模倣は決して悪ではなく、むしろ技術者にとって、創造の出来る技術者になるための、避けて通れない関門とさえいえるのである。ただ、問題なのは、模倣、コピーする安易な方法に馴れると、この方が楽に製品開発でき、楽に儲けられるので、何時までたっても、創造のできる人材が育たない。
これら、人材育成の事業は外部から見れば、非常に困難なことに思えるが、私のような、専門家から見れば、それほどでもなく、日本は勿論、アジア諸国、ロシア、ブラジルなどの例からも2-3年程度の期間で、ある程度の仕事の出来る開発要員を養成する事が可能であると確信している。
中国などで作られた日本製品のコピー商品がアジアで大量に出回っている問題で、経済産業省の「産業競争力と知的財産を考える研究会」(委員長・阿部博之東北大総長)は業界横断的な民間組織を設け、官民一体で権利侵害防止に取り組む必要があるとの提言をまとめた。

●模倣王国・中国
文藝春秋 十月号「特集・中国、この厄介な隣人、進出企業はまた泣かされる」より抜粋

深田祐介〈作家〉&草野厚〈慶応大学教授〉
(深田)まだまだなんてものじゃないでしょう。上海の弁護士が言ってたが、弁護士はたえず判事に賄賂を贈ったり、食事に呼んだりしないと、判事が機嫌を悪くして罪が重くなる。「これが苦労」とこぼしているそうです。
〈草野〉ニセモノで思い出したのですが、ある日本の電動工具メーカーが売られている自社製品を調べたら、90%がニセモノだったそうです。それが結構なレベルの商品に仕上がっているらしい。
〈深田〉確かに、アパレルなどローテクの生産力には目を見張るものがあるが、ハイテク製品を作るだけの技術力はあるのでしょうか。中国人は昔からアッセンブリー〈組立て〉の技術が苦手ですね。例えば、この傾向は軍事技術に端的に現れている。これはちょっと前の話になりますが、中国はミグ21という戦闘機をソ連からライセンス生産しようとしていた。当初はソ連の技術者が指導にあたっていたのですが、中ソ国境紛争が起こって全員引き上げてしまった。するとどうなったか。中国はミグ21を国産化するのに実に10年もかかったのです。
〈草野〉しかし、これは中国の高い技術力の傍証になると思うのですが、ありとあらゆる偽者ブランドが揃っている。これが単純なローテク製品だけではないんですね。P&Gのトイレタリー製品、高級ブランドのバッグ、はてはヤマハやホンダのバイクまである。そのすべてが実に精巧に出来ている。ニセホンダのバイクは東南アジアにまで輸出しているそうです。彼らの実力も侮れない。
〈深田〉ホンダのニセモノは「ホングダ」というんですね。ホンダは当初、このニセモノ
を甘く見ていて、模造品が出るのはむしろ名誉だと考えていた節があるのですが、ホングダがかなり儲けはじめたので慌てたんですね。これは大変と知的所有権の侵害を訴えて、法廷闘争に持ち込みました。
〈草野〉中国政府も摘発に躍起なのですが、国が広くて効果が上がらない。しかし、裁判で被告を死刑に処したケースも出ています。日本のある電機メーカーの社長によれば、半導体やコンピュータなどを除けば、白物家電も含めて殆んどの電化製品で日本を凌駕するものを作る技術力が今の中国には有ると思います。
〈深田〉それで思い出しましたが、中国は家庭への電話の普及率が1-2%なのに、携帯電話は猛烈な勢いで普及している。日本が歩んできた高度成長をジャンプした形で市場が発展している。しかし、基本技術をきちんと踏んでおかないと、突然、橋が落ちたり、自動車のタイヤが外れたりするんじゃないか。


●独自性について考える
独自性を辞典で見ると「そのものや、人だけが持っている他と違った特別な性質」と書いてある。最近の状況から、この定義を評価すれば狭義すぎるように考える。もっと広義に解釈することが必要な時代に入っているのではないか。また、現代は価値観の多様化時代と呼ばれ、ここでも独自性時代の到来が予想される。
政治、経済運営の独自性、企業運営の独自性、商品の独自性、物づくりの独自性、販売の独自性など枚挙にいとまがない。

しかし現状を見るに、金融ビッグバンもISO-9000、ISO-14000などの国際認証制度も、ムーディーズのような格付け会社による評価方法も、はたまた、ミスユニーバースに見られる八頭身美人の基準においても、日本は欧米式、特に米式の価値観を一方的に押しつけられているばかりである。
現在の日本の金融不安も政治不信も戦後50年過ぎても独自の価値観を自信を持って主張しない日本人の精神的弱さが最大の原因である。一度、米国の情報を思い切って遮断し独自の視点や情報源の多角化を試してみる時である。

これら独自性の視点でブラジルを評価するならば、諸外国に比して大幅に遅れているように見える。その原因はいろいろあるが、その最たるものは「伯国の発祥、発展に帰因する今日までの産業の歴史」であると考える。ポルトガルの植民地として出発し、16世紀以来、さとうきび、コーヒー、金、鉄砿石、天然ゴムなど一次産品の生産地として開発が進み、60年以降、新首都ブラジリアの建設やサンパウロの発展にみられる近代化、工業化が進展した。
中でも、総合産業といわれる自動車産業は欧米を中心に進出して工業化は急進したが,資本は勿論、製造ノウ・ハウ、製造設備、管理方式などのすべてが欧米方式であった。このような工業化に不可欠のものは進出企業が持ち込んできたものである。
相反する語、対語である創造と模倣のうち、独自性に求められるのは創造である。しかし、模倣をあながち悪であるとは言いきれない。人類の歴史の中で、夫々の時代の国々、人々は必ず模倣から出発し、創造のできる国、人へと変ってきたのである。人類の歴史は模倣の歴史であったと言っても過言ではない。

しかし、発展する国は、その切替えが早い。ブラジルの場合は明らかに遅いのである。先般の報告を見ても,中国の場合も、模倣によって経済が成り立っていると言っても過言ではない。1日も早く,創造・開発の出来る人材を育成しなければならない.
技術の役割は発明と応用であり、それを社会や企業の利益のために応用するノウ・ハウである。ノウ・ハウは人間が潜在化して保有する性能々力のことであり、顕在化していないため外からは見えない。
従って、独自性のある技術レベルを評価、判断するには、形になった結果を見る以外になく、これを高揚するためには人間の養成が不可欠なのである。
結局、新製品の開発、設備機械の開発は発明と応用のできる人間を多数養成することに帰着する。
独自性のある製品、設備開発の証明はパテントであり、国際的に認知され、一定の期間、地域で独専が許されることになる。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.