ワンポイントアドバイス
故障の問題は、再現出来れば解決の第一歩である(中田賢治の経験則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  道徳教育と教育勅語について
道徳教育と教育勅語について

1945年8月15日、日本は大二次世界大戦で敗れ、終戦を期して占領軍主導による新憲法が作成され、’47年5月3日より施行された。

昭和23年(’48年)6月19日、第二国会において「教育勅語の失効確認に関する決議案」が成立、明治23年(1890年)発布の教育勅語は、ついに約60年の生命に終りをつげた。教育勅語が、国民道徳の規範として明治、大正、昭和三代にわたって日本の急速な発展の原動力になったといわれるが、伯国コロニア〈2008年は移民百年記念行事が、ブラジル各地で開催された〉の発展も、これが精神的背景になっていることを忘れてはならない。

「金で栄えて心が滅ぶ」という言葉もあり、今日の日本はまさに、この道を走っているのではないかと考えるのは私ひとりではあるまい。ライオン宰相といわれた西ドイツのアデナウアー首相が、教育勅語をドイツ語に訳し、自分の書斎に掲げ「日本の教育勅語こそ古今東西を通じ人類普遍の道徳律である」と毎日暗誦していたことは周知の事実なのである。今回は教育勅語の全部を知り、日本人、日系伯国人として、また世界人としていかに社会および経済活動に貢献すべきかについて考えてみたい。

教育勅語(口語文、国民道徳協会訳)
私は、私達祖先が、遠大な理想のもとに道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を完うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。国民の皆さんは、子は親に孝養をつくし、兄弟、姉妹はたがいに力を合わせて助け合い夫婦は仲むつまじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動をつつしみ、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また法律や秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、このおしえは、昔も今も変らぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、まちがいのない道でありますから、私もまた国民の皆さんとともに、父祖の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。(正文は文末に記入)

以上のように、教育勅語を口語訳で読んでみると、これが古今東西を問わず、正しい教育の大方針を示した道徳教本であることが理解できるのである。
これをさらに明解にするために、その内容の要点のみ列挙してみると次の12項目であり、人間として、社会人として行なうべきことが浮き彫りになる。
1. 孝行(こうこう)子は親に孝養をつくす。
2. 友愛(ゆうあい)兄弟姉妹は仲良くする。
3. 夫婦の和(ふうふのわ)夫婦はいつも仲むつまじくする。
4. 朋友の信(ほうゆうのしん)友達はおたがいに信じ合ってつき合う。
5. 謙遜(けんそん)自分の言動をつつしむ。
6. 博愛(はくあい)広くすべての人に愛の手をさしのべる。
7. 修学習業(しゅうがくしゅうぎょう)勉学にはげみ、職業を身につける。
8. 智能啓発(ちのうけいはつ)知徳を養い才能を伸ばす。
9. 徳器成就(とくきじょうじゅ)人格の向上につとめる。
10. 公益世務(こうえきせいむ)広く世の人々や社会のためになる仕事にはげむ。
11. 遵法(じゅんぽう)法律や規則を守り、社会の秩序に従う。
12. 義勇(ぎゆう)正しい勇気をもって国のために真心をつくす。

 戦後(1945年)から今日まで日本社会とくに教育現場においては、教育勅語とか道徳という用語は敬遠され、その中味に深く踏み込むことが悪(あく)であるという雰囲気であった。そのため親自身が教育方針を知らず、当然子供たちにも教えられない、伝えない状況が続いていたのである。

 先般、ブラジル日本会議主催の講演会が日本文化協会において開かれた時、講師の小原 彰氏(元ブラジル陸軍少尉)が躾(しつけ)の重要性を訴えて深い感銘を与えたが共感を覚えたのは私だけではあるまい。

 以前、新日本製鉄の社長であった永野 護氏は、毎年、新入社員の入社式と付合い上出席する結婚式の祝辞は「親孝行をしてほしい」に決めていたそうである。親を愛せないものがどうして隣人を愛し、日本社会、世界人類を愛せようか。

 1985年、日刊工業新聞社、工場管理(月刊誌)が5S(整理、整頓、清掃、清潔および躾)テクニックを企画、出版、再販25版のベストセラーになったが、この中で私は「躾が第一で進める5S運動」を担当し、躾の重要性について報告した。序文を書いた西堀栄三郎先生(京都大学、南極越冬隊長、登山家、デミング賞受賞)は、「躾が一番大切」と同意見を述べている。
 日本では1950年代から85年までを5S、85年から後を、新しい5Sと区別している。前者における躾は「社会人、組織人として行うべきことをキチンと守る」という定義になっている。後者の躾定義は「思いやり」であり、道徳性向上運動の位置付けであった。

 「最近の子供達、学生たちは躾が悪い」、「あの家の子供は躾がよくない」、「どうもうちの子供たちは躾が悪くてこまる」などいろいろ聞くことが多い。このような結果になっている原因はどこにあるのだろうか。答は簡単、親、先生たちが子供、学生たちに躾を具体的に教えないからである。人間誰でも知らないことは教えられない。知っているのに教えない親、先生が居るならば、子供の教育を放棄したことになる。

 親孝行の歴史を見ると、非常に興味深い。孝道の科学的研究(広池千九郎、早稲田出版)によれば、食老、殺老、棄老、敬老と変化し今日に至っている。日本でも姥捨伝説が残っているが、この名残りである。

 昔、自分の母親を姥捨山に捨てに行く日、それを自分の息子に頼み、母を荷車にのせて送り出した。息子が空になった荷車を引いて帰宅したので、どうして荷車ごと山に置いてこなかったのかと質問した。息子答えていわく。今度父さんを捨てる時必要だから。親、先生を見て子は育つ。教育勅語礼賛の弁。

教育勅語の正文
躾惟フニ。我ガ皇祖皇宗、国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ。
我力臣民、克ク忠ニ。克ク孝ニ、億兆心ヲ一ニシテ、世々厥ノ美ヲ済セルハ、此レ我力国体ノ精華ニシテ、教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス。
爾臣民、父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、朋友相信ジ、恭倹己レヲ持シ、博愛衆ニ及ホシ、学ヲ修メ、業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓発シ、徳器ヲ成就シ、進テ公益ヲ広メ、世務ヲ開キ、常ニ国憲ヲ重シ、国法ニ遵ヒ、一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ、以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ、是ノ如キハ、独り朕力忠良ノ臣民タルノミナラズ、又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン。
斯ノ道ハ実ニ我力皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所、之ヲ古今ニ通シテ謬ラス、之ヲ中外ニ施シテ悖ラス、爾臣民ト倶ニ、挙々服膺シテ、咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ。
明治二十三年十月三十日 
 御名 御爾

注)教育勅語のポルトガル語訳および英訳があります。必要な方は、次のe-mail(nakata@kenji.name)までご請求下さい。さしあげます。

The Imperial message on Education(英訳・教育勅語)

Know ye, our subjects;
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue; Our subjects ever united in loyalty and filial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of our Empire,and herein also lies the source of Our education. Ye, Our subjects,to be filial to your parents , affectionate to your brothers and sisters; as husbands and wives be harmonious , as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to all;pursue learning and cultivate arts,and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers;furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should emergency arise,offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth. So shall ye not only be Our good and faithful subjects,but render illustrious the best traditions of your forefathers.
The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects,infallible for all ages and true in all places.It is Our wish to lay it to heart in all reverence, in common with you,
Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.
The 30th day of the 10th month of the 23rd year of Meiji,

(Imperial Sign Manual, Imperial Seal)
注 この英訳文は、明治三九年牧野文相が、金子堅太郎・菊池博士などに翻訳させたもの。猶、日本政府は、教育勅語を英独仏語及び漢文に翻訳して各国に配布・紹介した。
  以上、日本百科大辞典(三省堂)所載の解説による。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.