ワンポイントアドバイス
理論と実践のバランスが大切・中田語録
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)

国際化時代の経営者に求められるものは,市場の変化を洞察し,自社の研究開発力を養い,その力を収益力向上につなげたり,市場で主導権確保を狙う技術マネジメントを進展させることなどである.

今回は売れる新商品開発の進め方について,私の専門とする機械,装置一般を中心に報告する.当然,山登りで頂上に向かう時,登山口が数多くあるように,新商品開発の方式もいろいろ在るので,一方式,としたのである.大手企業,中小企業に関係なく新商品開発をする為には研究開発投資が必要になる.事実,日本の大手企業も膨大な投資をしており,不況にも係わらず高水準を維持しているのである.

スイスの国際ビジネススクール,IMD〔ローザンヌ〕が4月発表した98年世界競争力ランキングを見ると科学技術項目は米国についで第二位。98年の研究開発費はトップの米国が1846億ドル,日本は1531億ドル,第三位はドイツであるが日本の三分の一程度である。ところが,政府〔27位〕,金融〔23位〕経営〔24位〕等の項目が振るわない為に,総合では昨年の9位から18位に後退している.

研究開発費は多いに越したことはないが,投資であるからには見合った成果を上げることが重要である。こうした中で,ブラジル企業が世界に伍して経済活動を継続するためには,外国商品の輸入とブラジル商品の輸出のバランスを保つ必要があり,独自性のある商品を開発し続けなければならない。しかし,ブラジルは今,経済発展途上であり,研究開発投資総額も不十分,不足気味,部分重点的に投資しなければならない。

一般的に,新商品開発は金がかかる,といわれているが,金を、なるべく,かけない方法はないだろうか。それが,次の一方式であり売れる商品作りの必要条件といえる。

(1) 開発する商品に独自性があること.
商品の必要な資質の中で最大の特徴である。具体的には特許,パテント、が取得可能か否かによって市場で主導権確保ができることになる。何処にでもあるような商品ではつまらないし,コスト競争に巻き込まれる。

(2) 国内(日本・ブラジル)、北米及びメルコスルなどにも売れ、毎月一定数量販売出来ること。
特注品,専用機などを受注生産しては蔵は建たない,という言葉がある。一品物は研究開発であり,これで利益は出ない。開発の苦労,経験,ノウハウが次の商品の利益を生むのである。

(3)ローコスト開発に努めること
開発資金を最小限に抑える必要がある。金を沢山使ったから研究開発が上手く行くのではなく,頭脳の使い方に比例すると考えるべきである。

(4)短期間で市場に出せるか否か。
最近の商品は寿命が短く,コンピュータ、電器、自動車などを見れば明白である。従って、私は機械、装置類の開発期間目標を半年から一年以内に定めそれを実行しているが、市場価格で10万ドル程度のものを研究開発、試作するには十分な期間である。

(5)これまでの企業の経験が生きること
企業が今日まで、三年、十年、三十年と続いて来たということは、当然、その企業に何か特長があるからである。この経験を市場、売ることに関し、新商品販売に生かせるなら最高である。商品開発の難しさは、作ることではなく、売ることにあることを肝に銘すべし。

(6)多大な投資を必要としない
開発する商品によっては、現有設備では能力不足、敷地が狭い等の問題が発生するが、固定費を上げないという制約も金をかけない商品開発の腕の見せどころ。

(7)自社、顧客及び第三者も商品の経済性、信頼性、操作性、保全性及び安全性の面で満足すること。
商品の値段が適正、安い、故障しない、使いやすい、修理が簡単、安全で安心ということは売れる商品の条件としては最良である。

(8)販売する人々が喜んで売る
社内の営業担当、商社、代理店など商品を売る人が心から喜んで売るような物を開発する。特に、商社、代理店等顧客と直接コンタクトする人々の販売手数料の多いこと、売りっぱなしの手間要らずなども重要である。

(9)研究開発に対し協力する企業があること
商品を買う側、使う側の情報の中、先の(7)に関する情報、特に値段と使い勝っての良し悪しは要注意である。従って研究開発着手当初より接触を良くして協力を仰ぐべし。

(10)トップから社員の全員が新商品開発進め方を知っていること
普通に考えるとこの項目は不要と思われるに違いない.研究開発担当者の仕事であり、彼らに全てを任せれば済むからである.しかし、売れる商品を開発するとなれば、そう簡単ではない。開発要員の選定、採用は人事部、市場ニーズの情報収集は営業部、モノ作りに関する設備、加工方法担当は製造部、必要な材料、購入部品の情報は資材部にある.これら各担当が常に開発担当を支援できるシステムになっていないと不具合である。

一般的に、最近の商品寿命は極端に短い。新商品を爆発的に売った企業が2-3年後に業績悪化、企業倒産するなど今日では日常茶飯、新商品を出しつづけることは、このように難しい。

さて、以上の10項目のうち、5項目以上該当しない商品は開発を諦め、別のテーマを探すべきである。新商品研究開発を企画立案する際の最重要項目は、売れるかどうか、商品になるか否か、であると述べたが、現在、日本、ブラジル、東南アジアなどで実施されている開発の進め方を見ると、合理性に欠け、資金、時間及び人間の投入にムダが多いように見える。

開発と言っても家庭用、女性用品から精密機械装置まで一様には扱えないので、ここでも例として機械装置に絞り、その進め方の手順を示すが、この提案が最良とは考えないのでこの方式、手順を各社、自社向きにアレンジして、従来の方式を修正するならば、開発期間を大幅に短縮し、より効果的に目的を達成できる筈である。
次に、その実施順序を列挙する。

1.商品の企画立案
2.市場調査、情報収集
3.2.による企画の修正
4.構想、アイデアの検討(設計、技術担当)
5.社長以下経営側、営業、技術担当による構想、アイデアの検討
6.5.による構想、アイデアの修正
7.特許、実案等工業所有権の情報収集及び調査
8.7.による構想、アイデアの修正
9.構想による設計計算の実施
10.構想による計画図の作成
11.トップ、営業、技術及び製造担当による計画図の検討
12.11.による計画図の修正
13.部品図の作成
14技術、製造担当による部品図の検討
15.14.による部品図の修正
16.購入品仕様書の作成
17部品一覧表の作成
18.部品図による組立図の作成
19.部品図による部品の製造、加工
20.購入品、外注品の発注
21.組立及び調整
22.試作一号機試運転開始
23.試運転による各種データの収集
24.23.による社内検討会の開催
25.24.による改造設計、図面修正
26.修正図面による部品加工
27.組立、調整及び試験
28.工業所有権の出願手続き開始
29.21.から27.の繰り返し

ステップ各項目を読んで行くと、少し煩雑に見えるが、これで最短なのである。特に注目されるのは修正の多さであるが、各担当者だけの情報では不足なので、これも良いことである。7.は特許の情報収集、調査であるが、一般的には、ここで出願手続きするケースが多い。しかし、始めから経済、信頼、操作、保全及び安全性を満足する商品になる場合は珍しく、手直し、修正、設計変更になるのが普通であり、7.での出願は早すぎ、ムダになるケースが多いので28.で実施している。

人間は誰でも間違い、勘違いを犯すものである。例えば、部品図で寸法とか公差記入ミスをすれば、部品検査時か組立時に発見され、修正手直しか、作り直しになる。各企業の設計には検図担当がおり、誤りを見つけることになっているが,殆んど、形式的に盲判を押しているのが現状である。そこで、18.をキチンと実行すれば、このステップで先の寸法ミスを発見し,図面修正が出来るのである。

読者の企業が機械,装置、電器,電機等を組立てているとして、それが一台の組立てであっても自動車,電気機器のように組み付けだけで完成しないならば先の手順の何処かに問題あり、と考えるべきである。組立て(組み付け)場を見れば、その企業の全てが見えるといわれる。その意味では,組立て場は企業内各担当のミスを尻拭いしていることになる。

商品の理想的作り方がトヨタ方式(JIT)であり、必要なものを,必要な数,必要なときに作る方式である。JITこそ,人に関係するムダ,材料に関係するムダ,設備に関係するムダを徹底的に排除して生まれた傑作といえよう。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.