ワンポイントアドバイス
暇があれば、お金がない。お金があれば、暇がない。 (ウオルターの法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  独自性について考える

独自性を辞典で見ると「そのものや、人だけが持っている他と違った特別な性質」と書いてある。
最近の状況から、この定義を評価すれば狭義すぎるように考える。もっと広義に解釈することが必要な時代に入っているのではないか。また、現代は価値観の多様化時代と呼ばれ、ここでも独自性時代の到来が予想される。

政治、経済運営の独自性、企業運営の独自性、商品の独自性、物づくりの独自性、販売の独自性など枚挙にいとまがない。
しかし現状を見るに、金融ビッグバンもISO-9000、ISO-14000などの国際認証制度も、ムーディーズのような格付け会社による評価方法も、はたまた、ミスユニーバースに見られる八頭身美人の基準においても、日本は欧米式、特に米式の価値観を一方的に押しつけられているばかりである。

現在の日本の金融不安も政治不信も戦後50年過ぎても独自の価値観を自信を持って主張しない日本人の精神的弱さが最大の原因である。一度、米国の情報を思い切って遮断し独自の視点や情報源の多角化を試してみる時である。

これら独自性の視点でブラジルを評価するならば、諸外国に比して大幅に遅れているように見える。その原因はいろいろあるが、その最たるものは「伯国の発祥、発展に帰因する今日までの産業の歴史」であると考える。ポルトガルの植民地として出発し、16世紀以来、さとうきび、コーヒー、金、鉄砿石、天然ゴムなど一次産品の生産地として開発が進み、60年以降、新首都ブラジリアの建設やサンパウロの発展にみられる近代化、工業化が進展した。

中でも、総合産業といわれる自動車産業は欧米を中心に進出して工業化は急進したが,資本は勿論、製造ノウ・ハウ、製造設備、管理方式などのすべてが欧米方式であった。このような工業化に不可欠のものは進出企業が持ち込んできたものである。

相反する語、対語である創造と模倣のうち、独自性に求められるのは創造である。しかし、模倣をあながち悪であるとは言いきれない。人類の歴史の中で、夫々の時代の国々、人々は必ず模倣から出発し、創造のできる国、人へと変ってきたのである。人類の歴史は模倣の歴史であったと言っても過言ではない。

しかし、発展する国は、その切替えが早い。ブラジルの場合は明らかに遅いのである。先般の報告を見ても,中国の場合も、模倣によって経済が成り立っていると言っても過言ではない。1日も早く,創造・開発の出来る人材を育成しなければならない.
技術の役割は発明と応用であり、それを社会や企業の利益のために応用するノウ・ハウである。ノウ・ハウは人間が潜在化して保有する性能々力のことであり、顕在化していないため外からは見えない。

従って、独自性のある技術レベルを評価、判断するには、形になった結果を見る以外になく、これを高揚するためには人間の養成が不可欠なのである。
結局、新製品の開発、設備機械の開発は発明と応用のできる人間を多数養成することに帰着する。
独自性のある製品、設備開発の証明はパテントであり、国際的に認知され、一定の期間、地域で独専が許されることになる。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.