ワンポイントアドバイス
暇があれば、お金がない。お金があれば、暇がない。 (ウオルターの法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
             NAKATA-Kaizen & Consulting 技術士・中田賢治

設備、機械、床面の外観、内部の隅々まできれいに磨き上げ、機械の強制劣化を完全に防止するとともに品質の保証力をつけることです。

1. 微欠陥が発見し易くなるーKAIZENに結びつく
* 汚れている機械は、欠点を隠してしまっています。清掃・点検することによって、注油口のふさがり、油、空気などの漏れている箇所及びボルト、ナットの緩み、各部のガタ、異常音、発熱などの微欠陥が誰でも発見できるようになります。
* 機械の外観、内部の隅々まで入念に磨き上げる事によって、潜んでいる微欠陥を発見することが、微欠陥退治の第一テーマです。

2. 機械の強制劣化(人為的な劣化)の防止
* ゴミ、ホコリなどが付着したまま、機械を動かせば、回転部、すべり面にヤスリをかけているようなもので、強制劣化といって磨耗、ガタを早めます。また、油の劣化、発錆などの進行を早め、機械の性能を悪くしたり、寿命を短くします。
* 強制劣化を防ぐ為に、設備、機械を鏡面になるほどきれいに磨き、適正な油を与えて運転する事が、設備、機械をながもちさせる第一歩である。

3. 製品の品質保証力を高める
* ゴミ、ホコリや切り屑、材料屑などが原材料に混入すると、物理特性を低下させたり、変動を大きくして品質が低下します。また、材料、部品に付着すると異物混入、接着不良を発生します。
* ゴミ無し、汚れ無しを完全にする事によって、品質保証力を高めることができます。

4. 作業性の向上
* 設備の内部まで鏡面になるよう磨き上げると、故障の原因が分りやすく、保全マンも気持ちよく、効率的に保全作業が出来ます。
* 不要物を撤去し、3S(整理・整頓・清掃)を実施すれば、探したり、どけたりといった無駄な作業が無くなり,スカットした気分(爽快な気分)で作業能率が上がります。また、故障、及び安全上の問題も激減します。


5. 外来者が企業に対する信頼感を高める
* 工場に入った時、機械、装置は鏡面に磨かれ、空気、蒸気など漏れが無く、且つ、整理、整頓の行き届いたスカットした職場であれば、管理状態、作業者の躾も行き届き、良い品質のものが効率的に作られているということで、企業への信頼を高めることになります。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.