ワンポイントアドバイス
出来ない理由を考えるより、どうしたら出来るかを考えろ(中田賢治語録)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
第2次世界大戦で敗北し、荒廃した日本国は連合軍、特に米国の支援を受けながら復興に着手、がむしゃらに働いた。昔から日本人は働き者、本当によく働いた。しかし、貧乏であった。当時、中田所長は小学三年生、学校ではどんぐり拾い、蝗(いなご)とり、落穂(おちぼ)拾い、杉の葉・枯れ枝拾いなど大忙しであった。少し、補足すると、前者は学校給食で食べる、後者は教室のストーブで燃料にする為である。家に帰れば、風呂の水汲み、田植えの手伝い、買い物の使い走りと休む暇がない。生きるために、食べるために、日本人は大人も、子供もとにかく良く働いたのである。

「働けど働けど、なお我が暮らし楽にならざり じっと手を見る」石川啄木

アメリカの駐留軍がやってきて、活発な支援活動を始めたときの日本人の疑問は「日本人も、アメリカ人も甲乙つけ難いくらい良く働くのに、どうして日本人の給料はアメリカ人の十分の一なのだろうか」ということであった。
調べて見ると、従業員1人当りの生産量がまるで違うのである。例えば、昭和33年(1958年)の機械工業における従業員1人当りの出荷額は、日本が97万7千円であるが、アメリカ513万円(5倍強)、1人あたりの賃金は日本18万2千円、アメリカ、164万2千円、なんと9倍を超えていたのである。
昭和33年といえば、既に日本は戦後の復興経済を脱して発展期に入っていた時なのであるが、それでもこんな大きな格差があったのだから、終戦直後は、さらに大きな格差があった筈である。因みに、昭和34年は中田所長の大学卒業年、就職時の月給は平均1万3千円(高卒8千円)であった。
日本人は賢明である。アメリカ並みの給料を貰う為には、1人当りの生産量をアメリカ並みに増やせばよいことに気付き、何をどうすればよいか、と仕事のやり方を総点検する気運が急速に高まった。
その後の経過については、周知のように、世界第二の経済大国にまで登りつめ、現在は奈落の底。経済は山あり谷あり、日本のこれからは山登りである。私もまだ65歳、今後10年以上は現役で働きたいと努力しているが、若い人々には、一緒に頑張って欲しいと考える。特に私は、技術開発、製品開発及び設備開発担当、管理及び生産技術担当の人々への応援団長を自認しているものである。世は将に独自性の時代。企業運営・商品・モノ造り及び販売等などの全てに於いて独自性が無ければ生き残る(サバイバル)事が出来ないのであり、これをなし得るのは皆さんのような若い技術者であると私は確信している。
皆さんが、技術開発、製品開発及び設備開発を行なう場合の独自性、管理及び生産技術実施における独自性を発揮する上で一番大切なものは何でしょうか。
それは、神が人間に与えた最大の欠点といえる、「先入観」を排除することです。詳しくは次を熟読の事。
HP[レポート]先入観の排除(情報の質・量・早さが決めて)
HP[レポート]不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.