ワンポイントアドバイス
容姿x頭脳=定数 (べックハップの法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
コンカレント・エンジニアリング(NO.1)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Engineering)、この用語が誕生したのは1988年のことである。米国防省の防衛先端研究局が大型プロジェクトで始めてから知られるようになり、今年で14年を経過した。一般的な説明は次の通りである。

「製品やシステムの開発に従事する全てのグループが協調し、同時に作業に当たれるオープンなコンピュータ環境を言う。製品の多様化に伴う大幅な設計変更に即座に対応でき、又、製品のライフサイクルの短縮による煩雑な条件の変更にも、即座に対応できる。CIM(Computer Integrated Manufacturing system)による製品開発は、設計から生産まで一方向の流れの中で行はれ、下流の生産を中心に進められてきた。
これに対し、CEは、設計から生産までの情報の流れを双方向化し、設計技術者と製造技術者が共通の基盤に立って同時に作業を進めるのが特徴」

HP「熟談熟知」(レポート)で「売れる新商品開発の一方式」について報告したが、今回は、これの続報としてCEを選びその詳細について明らかにする。
さて、先の説明を見ても、CEとは何か を理解ことは困難なので、その辺から筆を進める。「コンカレント・エンジニアリング」(D.カーター、B.ベーカー、共著)に依れば、
「CEとは、製品及びそれに係わる製造やサポートを含んだ工程に対し、統合されたコンカレントな設計を行おうとする、システマチックなアプローチである。このアプローチは、品質、コスト、スケジュウル、ユーザー要求を含む、概念から廃棄に至るまでのプロダクトサイクルの全ての要求を、開発者に最初から考慮させるように意図されたものである」としている。
つまり、CE活動は製造業において、関係各部署が同時に並行業務を展開することによって、効率化と開発期間の短縮を目標とする方式である。この方式は、かつて日本の自動車業界を中心に行はれていた方式が国内外に普及し、米国で体系化、システム化され、標準方式として確立し、コンカレント・エンジニアリングという名称で呼ばれるようになった。
米国の産業力を回復させた切り札はCEとベンチマーキング(HPレポートにて後日報告)の二つといわれ、日本でもバブル崩壊後の産業力を回復させる手法として期待があつまっている。
米国の文献をみるとCE活動実施事例として、コダック社における新商品開発が紹介されている。それによると、新商品開発のコンセプト作りから製造までに必要な時間を半分近く短縮するとともに、製造コストを25%低減できた事例が紹介されている。
本HP「熟談熟知」レポートの中で、私は、アメリカ・ボーイング会長兼CEO(最高責任者)フィリップ・コンデット氏のインタビュウについてのべている。
「トップから組織末端まで、すべてのレベルで顧客とかかわること。大型航空機777では航空会社と設計段階から協力したが、あらゆる段階で会話ができるようにした。末端に行けば些細な問題が多くなるが、その積み重ねがいい製品をつくる。例えば、航空設計者がある設計をする。製造責任者は無理だ、変更しろという。工作機械の担当者が加工困難だといって話が進まない。だから、最初から一緒のチームを作る。全員がいかに最高の作るか考える組織は強力だ」・・以上の内容を見ればボーイング社がCE活動を実践中であることが理解できる。
このように、CE活動は日米のおおくの企業が採用し、成果を上げているが、この活動による効果を列挙すれば次のようになる。
① 同時並行的展開によって、効率的業務の推進がはかれる。
② 事前の調整と作りこみで開発期間の短縮と開発費用の削減ができる。
③ 製品開発、競合他社との競争などでダイナミックな経営戦略が展開できる。
④ 製品革新、物つくり革新、企業革新の手段として活動できる。
⑤ 商品開発から廃棄までの製品サイクルの最適化が実現できる。
以上、大略5項目の効果が期待できることから、各業界、各社が自社に適合したCE活動方法を開発しているが、代表的なものは次のように分類される。
〇重点課題展開方式
従来の業務組織をそのまま使い、重点課題を設定し活動展開する方式である。取り上げる課題が企業に重大な影響を与える為、特別プロジェクト形式とし、統括責任者を任命し、陣頭指揮を行いながら課題目標を達成させる。
特徴:明確な重点課題、強力なリーダーシップ、危機管理など。
〇組織的つくり込み方式
従来組織による業務方式を変更し、新製品の規格段階、設計開発時期から生産技術部門が参画し、事前つくり込みと同時並行展開を行う方式。
企画、設計段階から工場生産部門の技術者、現場責任者などが品質、原価、生産性など検討時点から加わり、事前作りこみを行い、生産移行時、生産展開時で発生する問題点などを徹底的に無くす。
特徴:徹底したボトムアップ、徹底した事前調整など。
〇同時並行展開方式
開発に関係部署が一斉に新製品開発の業務を展開する方式である。具体的には、企画、設計、生産技術、製造、品質保証、営業など関係部署が同時並行的に開発業務を行う方式。
各種技術の標準化が出来ていて、定期的パターンで開発業務が行はれる時に、この方式が用いられる場合が多い。
特徴;標準化技術の有効活用、課題達成の最重点活動など。
〇プロジェクト方式
特定の課題に対してプロジェクトを編成し、課題解決に当たる方式である。新製品開発時などに品質、原価、生産性などのつくり込みを行う時、設計、製造、営業まで含めたプロジェクトを編成し、短期の集中的活動として成果を上げる方法である。この方式で、特定製品の原価の大幅低減に成功している事例が多い。
特徴:トップによる課題選択、特定製品での短期集中活動など。
〇掛け声方式
従来の組織による業務運営の中で、CEの必要性を提唱し、関係者の注意力などにより事前作りこみを図る方式である。掛け声が大きくても、受け取る側に任せている関係上、個人の裁量でその範囲が異なることにもなる。業務が多忙な時には行はれない懸念も
生じる。
特徴:掛け声だけで効果は不確定、上司、部下夫々の判断まかせなど。

各企業は新製品や新技術開発を計画的に行い、事業の継続、発展を図っている。それらの開発にCEは積極的に採用され、大きな成果を上げている。

* CIM:Computer Integrated Manufacturing system
生産に必要な全ての機能や情報をネットワークで結び、一元的に制御、管理して生産活動の最適化を目指す生産システム。



 

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.