ワンポイントアドバイス
最も報酬のいい仕事は、その仕事をするゆとりが無い時にやってくる(クワイルのコンサルタントの法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  ISO 9000 と 経営改善(新)
ISO 9000と経営改善
世はまさに、ISO 9000 14000、18000とISOブーム、猫も杓子もISO、イーゾの様相にて,これを取得しなければ企業の永続がないという雰囲気になっている現状は少し問題である。
最近のような、国際化時代、グローバリゼーションにおける海外との輸出入では,国による製品、サービス規格の違いが通商の障害になることがあり、これをなくす為に国際標準化機構(International Standardization Organization)は1987年「品質管理及び品質保証に関する国際規格」を制定し、この規格をみたしたものをISOシリーズとして表示しその一つにISO9,000シリーズがある。
今回は、ISO 9000の内容と取得、経営改善との相関について報告する。
製造技術が高度化するにつれて,性能の揃った製品を供給できるようになり、製品を全数,一つ一つ検査することが合理的ではなくなった。そこで、企業での設計,製造から検査までの工程における品質管理能力を「品質システム」としてとらえ、それを認証するために必要な要求項目を規格化したものが、ISO 9000から9004のシリーズである。各規格は商品の性格やユーザーとメーカーの立場や要求のレベルによって,次のように使い分けられるようになっている。
9000:品質管理や品質保証の規格、選択や使用の指針
9001:設計、開発、製造、据付,付帯サービスにおける品質保証モデル
9002:製造、据付における品質保証モデル
9003:最終検査、試験における品質保証モデル
9004:品質管理や品質システムの要素指針
現実には企業などの品質システムを審査する機関が必要だが、さらにこれらの審査機関審査員を認定する公正な機関として、1993年に財団法人日本品質システム審査登録認定協会が設立されている。ブラジルにおいてはINMETROがこの業務を担当する。
こうしてISO 9000の厳正な審査を受け登録されると、優れた品質保証体制を持つ、信頼できる企業としての「資格」(status)を国際的に認められたことになる。すでにEC諸国では,政府調達の応札条件として「ISO9000シリーズの登録企業であること」があげられており、近い将来、すべての先進諸国での取引に欠かせないパスポートになっている。
事実,日本,ブラジルの企業,特に中小企業トップに対し、何故ISOを取得したか、取得する為の活動をしているか、の質問をしてみると,殆ど次の答えになる。
・ 品質保証体制の資格を得るため。
・ 取得しないと受注,営業が不可能になる。
・ 顧客,得意先の取得支持による。
以上の報告をベースにして、ISO取得と経営改善の相関について述べる。まず、普遍的な新時代の経営理念は次の3項目であるといわれる。
1) 企業は適正な利益をあげる。(経済性の実現)
2) 企業は人を育てる。(人間性実現)
3) 企業は社会に報恩、還元する。(社会性実現)
これを見て明確のように、企業は利益を出すのが使命であり、企業永続の絶対条件なのである。ここにある「適正な利益」のところは重要である。法に背いたり、顧客をだましたりして利益を出し、一時的に発展した企業に永続がないことは,最近の日本,米国の企業破綻の事例を見れば説明が要らない。
企業の使命である利益を出すことと、ISO取得の相関について述べる。
第一は,利益を出す活動はコストダウンの活動であり、ISO取得活動はコストアップの活動であるという点である。つまり、取得するために作成した品質保証体制を合理的に運用すれば、品質不良が少なくなり、コストが下がるのであって、実行するか否か、実行できるかどうかが問題なのである。
第二は売上増、売上安定確保について。
先の取得目的に明確なように、資格を得て受注、営業を安定、拡大したい企業が殆どである。が、本当にそのような、目的の企業ならば、取得したことは結構なことであるし、取得活動中の企業には予定通り、一日も早く資格を得るように期待したい。
この項目では、次のような問題を提起しておくにとどめる。
周知のように、経営上の、売上、経費及び利益の関係は次式になっている。経費は固定費と変動費の和である。

売上額=経費+利益

売上を増やさなければ利益は出ない。ということは、損益分岐点が高いということであり、売上成長率ゼロでも利益を確保できる企業体質作りが急務である。このような、企業の経営コスト分析をしてみると、品質不良がコストアップの原因ではない場合が多く、ISO9000を完全実施しても利益増大にならないので要注意である。(詳しい理由については別に報告)
第三はISO取得不要例について
部品であれ、素材、完成品であれ、売り手市場の場合は、「品質保証体制の資格を得るため、
取得しないと受注,営業が不可能になる、顧客,得意先の取得支持」という取得条件が薄められる為、無理して取得する必要がない。
殆どの電子機器には、電解コンデンサーが組み込まれるが、これは薄いアルミニュウム箔(はく)の間に紙を入れて電解液を浸透させてつくる。この紙には二つの矛盾した性能が要求される。まず、紙に穴があっては困る。ショウとしてパンクするからであるが、電解液を浸透させるには紙が多孔質でなくては染み込まない。
この二つの矛盾を解決して世界のシェアが80%という企業が四国にある。
この紙は和紙の技術から生まれたが、世界の市場規模は150億円、だから、後から割り込もうとする会社は出てこない。加えて、出来上がったコンデンサーが100円なら、紙代2円、円高といって値上げしてもあまり文句がこない。
また、先年の神戸地方の大地震の時、神戸製鋼所が被害を受け、生産が停止、ばね材を発注しているアメリカ・ビッグスリー各社が大慌てした話は有名であるが、この場合も売り手市場である。日本の製造業では、この種のケースは枚挙にいとまがない程である。要は各企業の独自性の問題であり、特徴の有無に関係する問題なのである。
最後の第四は、管理技術と生産技術についての比較。
ISO9000シリーズでは登録審査において、工場、事務所ごとに、社長以下、直接の作業現場までの責任体制の明確化、各段階における権限と責任、指示、命令の明確さと透明性の確保、さらに。それらが、文書(マニュアル)化されていることなどを確認する。つまり、組織としての信頼性が重要な審査基準になっており、従来の改善テクニックに照らせばTQCに符号する。これは将に管理技術であり、対象は品質、ソフトウエアである。
TQCと比較される活動はTPMであるが、これは生産技術中心、対象は設備、機械、ハードウエアである。
最近の企業は労働集約型から設備依存型に移行し、経営コストの中で設備、機械装置の減価償却費が高い比率になっている。また、品質の良否は設備の性能、精度の良否で決まるのであり、コストダウン活動の中心は故障ゼロ、不良ゼロ、段取り時間を目指すTPMの方が経営理念、適正に利益を出すための近道であることを強調したい。
生産活動において、完全生産を目指す為には、活動に関係する全ての要素の信頼度を極限まで良くすることが重要である。完全生産の5大目標は、
・ 設備生産性の極限化
・ 災害ゼロ
・ 品質効率の極限化
・ 仕掛及び在庫量の極度圧縮
・ 納期遅れ(納期遵守率)ゼロ
であるが、ISO9000シリーズの認証、取得は、品質効率の極限化達成の一手段にしか過ぎないことを知って欲しい。
日本において、TQCブームの時、デミング賞を受賞した企業が、完全生産を達成できず、赤字企業多発だった、という事実は、賞とか認証の取得が経営コストを下げる(利益を出す)のではなく、目標に合った合理的活動、実行のみがコストダウンになることを教えている。
注1) TPM:Total Productive Maintenance
注2) INMETRO:Instituto Nacional de Metrologia (ブラジル度量衡院)

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.