ワンポイントアドバイス
沢山集めて、少し出す。早く集めて、ゆっくり出す。 (儲けるための鉄則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1)
「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
実業のブラジル・読者の皆様、お変わりございませんか。突然、一方的に連載の原稿送付を止め、大変ご心配をおかけし、申し訳なく心からお詫び致します。
この度、事情説明、言い訳のために、編集部に連絡を入れたところ、「糸の切れた凧のように、行方不明でしたね。言い訳の必要ないから、早く原稿送れ」との温情ある返事。早速、以下弁明をかねて報告に入ります。前代未聞、未経験、長期の大不況、米国大手コンサルタント会社・アーサーアンダーソン、日本、大手りそな銀行が行き詰まり、政府管理に入り、上場企業の倒産記録的な時代に、一介の経営・技術コンサルタントに、こうすれば良くなる、的な妙案は報告・提示できないので、少し角度を変えて、思いつくままに、最近の四方山話に、具体例をくわえて送信する次第です。先般、米国ニューヨークで発生したテロ事件の丁度、二ヶ月前、日本の中小企業、3社から相次いで、悲鳴にも似た帰国、経営・技術支援要請話が飛び込んできた。周知のように
この度の不況は過去に例を見ない大不況、中国経済発展の影響を受けて、日本の物造りは、以前の「どう造るか」から「なにを造るか」に、事情が変わり、大企業は云うに及ばず、中小企業も、新規性のある商品を開発し、世界に打って出ること無しに、生き残れない状況なのである。

早速、日程を調整、外国在住の特権であるレールパス、日本全国の新幹線乗り放題切符(但し、座席指定の場合のみ指定券が必要)を購入、北は青森から、北九州、博多、直方まで21日間(3週間)で、この間を2周、各県庁、市町村、商工会議所、商工会及び中小企業を訪問、前者では、支援専門家登録,後者では技術顧問契約を済ませ、帰京、帰伯したのである。私は、1959年大学を出て、就職、1977年、技術士事務所で独立、93年暮れ12月、来伯、10年目をむかえるが、この45年間で間違いなく、最悪の不景気であることを肌で感じた調査旅行であった。かくて、2カ月、日本・アジア、2カ月ブラジル・南米を行き来するというハード日程になったのです。

帰伯前の最後の訪問予定相手、昔、全国の企業から研修生を募集し、東京、名古屋、大阪を会場にセミナーを開催、講師によんでくれたセミナー屋さんに確認を入れたところ、「中田さん、名古屋に来てくれて、会ってもムダ、セミナー屋は10年前廃業、元の本業の印刷業で拾い仕事で細々と生きている」と連れない返事。ならばと、予定を一日繰り上げ、JAL047便でニュウヨーク経由、10日サンパウロに無事到着。11日アパートでTVを見たとたん、昨日、経由してきたばかりの、ニューヨークでテロ事件発生、ツインビルが崩れ落ちているではないか。不景気のおかげで日程を一日早め、帰伯したおかげで、米国に足止めされず間一髪、傍観者になれたのである。ちなみに、東京都知事の石原さん、あいにく、丁度、米国出張中だったとかで、数日足止めを喰らったとか。守護神に感謝。

さて、ふた昔まえ、「3K(サンケイ)」なる経営用語が使われたことを知っておりますか。忘れた、知らなかった方の為に、解説しますと、これは、「キツイ、汚い、危険」の頭文字をローマ字で表すところから、出た言葉です。いってみれば、私の専門のひとつ「整理、整頓、清掃、清潔,躾」が、「5S(エス)」とよばれるのと同じす。

ところで、先の名古屋のセミナー屋さん、私の訪問を断った時、「いま、日本では、新3Kの為に、廃業に追い込まれた」と話したのですが、新3Kとは、不景気が続くと、企業は経費節約の為に、社員・企業の「交通費、交際費、研修費」をカットの対象にしていたのです。研修費が少なくなれば、当然、セミナー受講生が減少、仕事が少なくなれば、出張もなくなり、交通費をカット、交際費が無くなれば、銀座界隈に閑古鳥が鳴くというわけです。かくて、世は将に不景気一色になってしまったのが、今日の日本の姿です。

さて、掲載復帰の書き始めから、不景気な、さびしい話しになってしまいましたが、じつは、こうした、日本の中小企業にも明るい前途有望な、元気のいいところもあるのです。
この事例を紹介しながら、どうすれば、サバイバル(生き残り)の戦いに勝てるのか、考えて、他山の石としたいものです。3社の紹介企業のうち、2社は、今回の帰国で、技術顧問契約し、新製品開発、新設備開発を支援開始した企業(1993年12月、JICA 技術協力で来伯する前まで支援)、1社は、私の所属する日本技術士会・異業種交流支援センターがT県H市の商工会議所から元気企業として、紹介され、3月に訪問、調査、診断、交流した企業です。以下、簡単に特徴を述べ、その共通点についてまとめます。

1) S県・R社(美容師、練習用モデルウイッグ製造販売)
美容師の卵が、女性の頭の髪にパーマネント、カーリングをかける為のトレーニングに、マネキン人形のようなものを、試験台に使う。美容室の店頭でよく見かける,肩から上の人形。髪は人間の髪である。この供給源は、昔から中国である。
周知のように、中国経済の急進展に伴い、今日本の製造業は空洞化、猫も杓子も、中国に進出せざるを得ない状況になっている。ところが、R社のS社長、今から30年以上も前、中国山東省に工場を進出、現地で髪を調達、塩ビ人形の頭に植毛、二つに折って,箱に詰め、輸入、地方にある工場で完成品にして出荷する。この工場、なかなかの優れ自動化工場、全社的5S運動、ISO活動、独自性のある製品開発など積極経営、2002年には、S社長念願の8階建て自社ビルを完成、祝賀会を挙行した。

2) T県・H市・R社(和裁縫製業)
従来、「着物を縫う」ためには、手縫いが基本、長期にわたる修行をへて一人前、従って和服は、洋服にくらべ、比較にならない高価なものであり、「きもの文化」発展の障害になっているとR社・S社長は考えていた。
ミシンが使えれば(使えない理由:着物用生地を重ねて縫うと、テーブル上面の摩擦でブレーキがかり、生地の下側・上側に歪みができ、衣紋掛けにかけると、湾曲する)、洋裁なみの早縫いができる筈だ、と考えていたS社長、普通市販ミシンを移動テーブルに乗せ、動かし、着物生地を固定して縫うという、発想の転換から新方式を開発したのです。大手有名機械会社から、開発責任者をスカウト、機械を完成させたが、これによって、和裁縫製業のコスト・納期・品質の大改革に成功したのです。

3) 東京都・M市・C社(美容器製造・販売)
この企業、群雄割拠する美容器業界では異色の存在。社員数、資本等を適正規模に徹し、新製品開発に力を集中、量産品は、製造コスト、品質及び納期に信頼のおける一部上場企業に外注する方法を考え出しました。かくて、社員一人当たりで見ると信じがたい売り上げ、利益率の企業に成長したのです。

以上、紙幅の都合にて、3社の事例のみを挙げたが、どんな経営環境に於いても、どんな時代でも、どっこい生きている企業、企業経営者に共通、普遍性のある特徴は、次の三項目に集約される。
① 適正に利益を出し続ける。
② 人材を育成している。
③ 社会に報恩、還元している。
当然のことながら、企業はその規模に関係なく、社会に対し貢献し、適正な利益を出し続ける責務があるし、そうしなければ、永続できない。読者各位の企業において①、②及び③を実現する為の具体的解決方法は、自社に埋没している。ヒントは、ホームページ、
http://www.nakatakenji.net をご覧ください。では、来月また。中田賢治

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.