ワンポイントアドバイス
設計の変更を余儀なくさせる情報は、デザインが完成した後にならないと伝えられない。これは。「今さら言われてもの法則」とも呼ばれている。(デザイン変更の第一法則)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に!
(2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)

イグアスコーヒー社・Forbesの優良200社(NO.25位)の栄誉に!!


* 受賞関係の報道・社内報の写真
* 受賞を記念して、中田所長から桜の木を20本プレゼント。坂口社長と記念植樹&高橋副社長と三人で記念パネル前で。

1993年12月・JICA(国際協力事業団)技術協力専門家として、サンパウロ技術研究所(IPT)に赴任した中田所長は、民間から公募した23人の外部コンサルタント、3人のサンパウロ大学・技術研究所の先生たちと、モデル企業約30社に日本式生産性向上を指導・支援した。

JICA支援の主たる活動は「新しい5S運動」(NOVOS 5S)であったが、イグアス社は、1991年、独自で日本から5Sに関する資料を取り寄せ、ポルトガル語に翻訳し、活動を開始したが生産性活動にしばしば見られる踊り場現象(活動におけるマンネリ化)が発生、悩んでいた。約2年後の1994年3月、JICA主催、モデル企業募集セミナールに参加し、モデル指定を受け、2年間のJICA・IPT(サンパウロ技術研究所)の支援を受けたのである。1996年から後は、個人的に永久VISAを取得して残留した中田所長が引き継ぎ、支援を継続している。

2003年6月、パラナの工場では、例年のように、品質管理週間の開催、数々の行事がにぎやかに行われた。恒例の呼び物、ブラジル有名人・講演会には、超大物、ブラジルの若い人に人気のある、Roberto Shinyashiki 先生が来社、ヤンヤの大喝采であった。
この人、先のオーストラリア・シドニー・オリムピックにブラジル選手団のメンタルヘルス担当医として参加し、時折TV出演したり、著書に167再販(数字の間違いにあらず)のベストセラーを持つなど超人気作家でもある。

中田所長のポルトガル語の初出版は「ASERTO 100% DESPERUDICIO zero」であるが、出版社名はEditora Gente といい、ナント、このRoberto 先生が社長さん、・・・ではあるが、実は名ばかり、先生の妹、Rosely M.Boschiniさんが出版社を切り盛りしている。
この兄妹、父は沖縄県出身の日系人、母はイタリア移民、つまり、混血の為、画像で見ての通りなかなかの美男子(ボニート)である。Roselyさんも背丈は低いが、かなりの美人(ボニータ)なのである。

Forbes のランク、200社のうち、NO.25というと、ピント来ないかもしれないが、ブラジル進出日系企業では初快挙、NO.27にBanco do Brasil(ブラジル最大の銀行)、 NO.28にPetrobras(南米最大の石油会社)、NO.29にSadia(食肉加工業・ブラジルの輸出総額の十数パーセントを生産、中国が主輸出先)というそうそうたる超優良企業をしたがえての表彰であり、喜びもひとしおといえる。
-------------------------------------------------------------------------------
IGUACUコーヒー社
2000年EXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる。
海外輸出割合の多い企業の特長として、為替の変動が利益率の大小に関係する。数年前、1U$(米ドル)=1.00R$(ブラジル・レアル)の為替が、2003年9月20日現在、
1U$=2.88R$、つまり約1/3になっている。これも、輸出割合の多い企業の利点になっている。すなわち、為替差益である。加えて、イグアス社の場合、全社的生産性活動が実施されており、JICA支援開始の2年前、1992年から独自に日本から資料・マニュアルを取り寄せて5S運動を行ってきた。
1997-8年の頃と記憶するが、日本のAOTS(海外技術者研修協会)の事業で、「日本の中小企業(当時、資本金1億円未満、従業員300人未満)が、海外の研修生を三ヶ月間受け入れる。全費用日本側負担。日本での研修先は原則として、当事者間で事前決定」というスポットの事業(ODAカットの為、今は無い)を見つけ出し、イグアスの社員二人を、研修に送り込んだものである。

研修テーマ:全員参加生産保全・TPM
研修受け入れ企業:味の素株式会社・熊沢工場(当時、熊沢製油産業・四日市市)

この二人が、TPMで活躍し、工場の設備稼働率が飛躍的に向上したことに貢献している。
現在では、イグアス社はAOTSサンパウロ同窓会・会員として活動し、2003年、9月―10月にAOTS 横浜センターで受け入れた「経営研修」に二名のブラジル人を送ったり、毎年行われる「AOTSサンパウロ同窓会・忘年会(BOUNENNKAI)」に参加したり日本との繋がりを大切にしている。(「AOTSリオ・デ・ジャネイロ同窓会」もあります。)
中田所長は、1993年12月末、JICA・派遣専門家になる前、10年間ほど、月2―3回、研修講師を受託していた関係で、在伯の場合は、参加(招待)したり、現地同窓会員に経営研修セミナー(テーマを決め、1週間コース・夜間6:00-9:30PM )をプレゼントしたり、一日コースの集中セミナー講師を務めたり頑張っている。

本当に、おめでとうございます。


丸紅出資のカフェ・イグアスー=広告の女性
 今をときめくブラジル人トップモデル、ジゼーレ・ビュントヘンさんの妹パトリシアさんがその答え。カフェ・イグアスー・ソルーベル社(坂口逸平社長)の「狙い」は当ったようで、大手各紙が話題の広告として取り上げている。その親しみやすい魅力的な笑顔のおかげで、イグアスー・コーヒーの売上げ拡大も大いに期待できそうだ。
 創業一九六七年の同社はパラナ州コルネリオ・プロコピオ市に製造工場があり、従業員は八百人。七二年から日本の総合商社丸紅が資本参加している。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.