ワンポイントアドバイス
(1)内部の人材より、外部の人材が良く見える。 (2)新規採用は、経験より可能性にかけることである 、(新規採用についてのロフタスの理論)
■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室

レポート
礼儀作法
全員参加生産保全・TPMの効果
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
フランクリンの経験則
CARLOS GHOSNの日産改革 (技術士・中田賢治)
ゼロサムと付加価値の相関 技術士 中田賢治
書は知識の泉・目から鱗(うろこ)が落ちた
躾が第一で進める5S運動
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
生産活動における理論と実践
10%のコストダウンは売上2倍に相当する利益を生む                                     技術士 中田賢治
フランクリンの経験則
Robert Lusser(ロベルト ルッサー)の法則 技術士・中田賢治
企業の生き残りを左右する情報の質、量及び速さ
独自性について考える
ローコスト・オートメーション(Low Cost Automation)LCA 経費、費用のかからない自動化機械、装置
付加価値は企業の社会に対する貢献度のバロメーター・生産を示す指標
リコール問題について考える
売れる新商品開発の一方式(重要10項目提案)
「故障ゼロ達成の改善ポイント」
道徳教育と教育勅語について
超高品質の時代 (PPMからPPBへ)
PPM時代の信頼性とリコール問題
イグアスコーヒー社(ブラジル)の桜について
「躾が第一で進める5S運動」
日本の自動車工業の創成期に関与して
PPMからPPBへ (超高品質の時代)
ゴミ無し汚れ無し(清掃・点検)の目的と効果
新商品開発の進め方指南
桜咲く・・・の報告が届いた
今、何故また5S運動なのか(5Sと改善)
工業移住者協会(ブラジル)機関紙「なかま」への寄稿
急進する中国自動車産業(中国問題レポートNo.3)
中国の製鉄産業の現状(中国問題レポートNo.2)
中国の環境汚染問題を考える(中国問題レポートNo.1)
日米自動車工業の創成期に学ぶ
経営改善指南(こうすれば利益がでる)
日産 売上高、利益とも最高
先入観排除の具体的方法
製造業の新しい芽 新5S運動  
技術革新・最先端技術と翻訳、語学産業
中南米に於ける新5S運動の現状
日本青年会議所及び大学生への講演サービス
CARLOS GHOSN(カルロス・ゴーン)の日産改革 (中田技術士報告)
安いコストで完全に殺菌・滅菌する・・・ PURESTER・微酸性電解水製造機とはなにか?
PURESTER・微酸性電解水製造機(補足)
経営・技術コンサルタントの選び方 「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
ODA改革(技術援助)のための一提言 「技術移転は人質移転」中田語録 
「故障ロス5つの改善ポイント」(設備投資を合理的に行う為に)
イグアスコーヒー社・Forbesの2003年ブラジル優良200社(NO.25位)の栄誉に! (2000年にはEXAME(経済誌)「ブラジル優良企業100社」に選ばれる)
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.2) 「日本・ブラジル、子供の躾について考える」
経営・技術コンサルタントの地球表裏情報(NO.1) 「糸の切れた凧が無事戻ってきた」
PURESTER・微酸性電解水を知っていますか?
元気・知恵、出せ!頑張れ!中小企業
ISO 9000 と 経営改善(新)
コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Enginnring)NO.1
開発に係わる人財(人材)育成
若き設計者に期待する(キーワードは「素直」)
ブラジルでの経営・技術改善(社長向き読み物)
不況時の設備投資の有り方(設計担当者必読)
教育勅語(きょういくちょくご)について考える(親孝行・躾がすべての基本)
目次へ
■  経営・技術コンサルタントの選び方
「コンサルタントとは顧客から数字を聞いて,それをつき返す不思議な人である」(マグドナルドの法則)
一般的に企業経営を上手に実施している企業家は、いわゆる経営資源の、人、物及び金の使い方が上手であるといわれる。確かに、経営資源を合理的、効率的に使用することは、経営コストを減少させ、利益を増大することになり、経営が上手く行くことになる。
企業側から見て、自社で雇用し、働いている人々は内部経営資源であるが、外から会社に来て働いてくれる人々、経営・技術コンサルタント、税理士、弁護士及び弁理士などを私は外部経営資源と呼んで区別している。

新しい時代の企業経営は、これら外部人材の合理的、効率的使用が重要であると考えるが、今回は,このうちで経営・技術に係わる外部人材の選定方法について報告したい。
結論を先に書くならば,顧客,支援先が多く,忙しいので時間を割いて頂くのに苦労するようなコンサルタント個人及び企業を選ぶ、ことであり、その見分け方のコツは、そのコンサルタントが頻繁にサービス現場・製造現場に行くか否か、という非常に簡単な方法です。

しかし、これは正しい方法で,製造業においても、大企業が下請外注先を選定する場合などでも当てはまるので,多くの企業が実行している方法です。
私は技術コンサルタントを始めて今年で約25年になるが、数多くのコンサルタントと接し、自分の体験を踏まえて,次に列挙する資質を保有するコンサルタントになるよう努力している。つまり、この資質を持てば,顧客に信頼され,役に立つ良いコンサルタントになれると信じているからである。

・情報の量,質及び早さが抜群
 ・経験豊富
 ・熱意
 ・行動力
 ・素直
 ・信頼性
 ・カリスマ性

以下、各項目について、補足説明をする。経営・技術コンサルタントは顧客の経営、現場改善の中で問題を発掘し、その具体的解決をはかる責務がある.これを達成するために、知識すなわち情報が多量、良質で新しいことが要求される。経験は別名、体験情報であり、知識と同じ、人間の左脳にインプットされている為、先の情報の量、質及び早さと経験豊富を一緒にしても差し支えないが、私はこの2項目は分けている。

問題解決において、必要情報が無ければ使えない、間違った知識はそれを使い、古い情報はそのままアウトプットされるは当然である。先にコンサルタントの見分け方のコツが、現場に頻繁に行くか否か、と書いたのも、この情報に関係する。なぜならば、改善の問題点は現場にあり、その解決方法の殆んどが現場にあるからである。

アメリカのボーイング社会長・CEO(最高経営責任者)のフィリップ・コンデット氏はフィナンシャル・ワールド誌が選んだベストCEO。大きな瞳でじっと相手を見つめて、情熱的に話すことで有名だが、アメリカの経営者の主流がポートフォリオ・マネジャー型なのに対し、生粋のエンジニア出身(東京理科大・学位取得・工学博士)で、現場の重要さを肌で知っているだけに、今も現場に行き、従業員に声をかけて、回っている。彼は日本の新聞記者とのインタビューの中で次のように話している。

―顧客を理解するには何が必要かー
トップから末端まで、全てのレベルで直接に顧客と係わること。大型航空機777では、航空会社と設計段階から協力したが、あらゆる段階で、会話ができるようにした。末端に行けば些細な問題が多くなるが、その積み重ねがいい製品を作る。
―トップ自ら現場に足を運ぶので有名ですねー
日本にも伝言ゲームというのが有るそうだ。次から次に物語を伝えると、最後には全く別の話になる。だから、私は直接話をする。組織に壁を作るのは人間の習性。コミュニケーションの仕組みを変えるのは重要な、トップの仕事だ。
例えば、航空機設計者がある設計をする。製造責任者は無理だ、変更しろという。今度は工作機械の担当者が加工困難だと言って話が進まない。だから、最初から一緒のチームを作る。全員がどう最高の製品を作るかを考える組織は強力だ。

このインタビュウも、体験情報(経験)を含む、情報の組み合わせが企業経営上いかに大切かを教えている。
次は熱意、行動力。コンサルタントは自分の経験、技術を売り、企業はそれを買う。かったからには経営、現場改善が進展し成果が出なければ経費のムダ(コストアップ)になる。制約条件の中で、一定の成果を出す為には合理的活動が必要だが、コサルタントは熱意と行動力のある人を選びたいもの。積極的に診断、分析を行い、企業と協力してその解決に向けて努力して欲しい。

信頼性は二つの意味を持っている。第一は仕事そのものの信頼性であり、確実性と言い換えても良い。第二は人間性のこと。企業内に潜在・顕在化している経営上の問題に直接、深く関与する為、秘密の遵守、黙秘の徳が、この場面では最も重要である。企業えの支援、協力上知った情報は絶対に外部に漏らさないことが絶対条件になる。

カリスマ性は先の信頼性を含む不思議な魅力のこと。国語大辞典(言泉)を見ると、カリスマはCharisma(ドイツ)と書き、元来はギリシャ語のKharisma(神の恩寵)に由来する言葉。ドイツの社会学者マックス・ウエーバーが支配の三つの類型として、合理的(合法的)支配、伝統的支配とともにカリスマ的支配を上げてから一般化した語で、大衆を心酔させ、従わせる能力、資質の意で広く用いられる。企業のトップから一般社員にいたるまで、経営、現場改善に向けて,ヤル気を喚起させる人柄(品性)を持つよう努力する。

教育用語のeducationは教育,養成及び指導の意と理解されているが、この原義つまり,その言葉が最初にもっていた意味はeduceであり,相手が潜在して保有する性能,能力を引き出し,目に見えて明らかにする(発現する)ことと言われる。

企業側も経営・技術コンサルタントが何か特効薬持参,新しい情報持参で経営改善してくれるだろうという、おんぶに抱っこ的考え方を少し修正する必要がある。企業に役立つコンサルタントは、各企業の内部経営資源を合理的、効率的に使用するよう支援、協力するため人気が有り、多忙なのだから三顧の礼を尽して協力を仰ぐに値すると確信する。
三顧の礼とは、昔中国,蜀の劉備が諸葛孔明の庵を三度訪れ、ついに軍師として迎えることに成功した故事による有名な話である。

■ HOME ■ 技術研究会 ■ 開発情報 ■ 報道関係 ■ 著書 ■ 相談室
Choose Language

Contact:
nakatakenji@hotmail.com
Copyright 2019 Kenji Nakata. All rights reserved.